「いいとも」で人気外国人タレントが荒稼ぎ!塩、ザクロ、バラで1日5000万円

[ 2018年4月22日 20:23 ]

外国人タレント、ランディ・マッスル
Photo By スポニチ

 90年代後半に「笑っていいとも!」(フジテレビ)で人気を博した外国人タレント、ランディ・マッスルが22日放送のTBS新バラエティー「坂上&指原のつぶれない店」(日曜後8・00)の初回2時間SPにゲスト出演。日本で展開中の事業内容を公開した。

 テレビ出演が激減したマッスルだが、2つの事業で大儲けをしていた。06年に会社マッスルパワーズを設立。事務所は自由が丘駅の駅前に構え、従業員は3名を雇用している。売り上げの「30%」という1つ目の事業が外国人のエキストラ派遣。登録人数は1000人から1500人で、テレビ番組やCMなどに出演するエキストラを派遣している。

 売り上げの残り「70%」を占めるのが美容品事業。母国イランの塩湖で採取した良質な塩を使ったバスソルトを製造販売。1個1300円で、日本の人気インテリア雑貨店の入浴剤部門で売り上げ1位に輝くなど高い評価を得ている。

 他にもローズやザクロなどイランの特産品を使った化粧品を開発。アンチエイジングの効果が期待できるザクロや、ローズオイルが人気で、通信販売で紹介したところ「1日に2回の通販で1回2500万、2回で5000万円売り上げました」と笑顔で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月22日のニュース