久保王将 尼崎南ロータリークラブ創立30周年記念式典で祝辞

[ 2018年4月22日 05:30 ]

 久保利明王将(42)が21日、兵庫県尼崎市で尼崎南ロータリークラブの創立30周年記念式典に出席し、祝辞を述べた。

 会場の都ホテルニューアルカイックでは3年連続、王将戦7番勝負を開催。親、子、孫3世代が交流し、将棋文化の継承を図る尼崎近松賞地域交流将棋大会の実施、また今回、30周年記念事業として、同クラブから同市の41小学校へ盤駒120セットも寄贈されるなど普及面への貢献に感謝を示し、「尼崎から未来の藤井聡太が育ちますように」と期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年4月22日のニュース