野口五郎、友人にだまされ7000万円損失した過去 信頼し資金委ねるも…

[ 2018年4月22日 07:36 ]

過去の失敗談を語る野口五郎(C)TBS
Photo By 提供写真

 歌手の野口五郎(62)が22日スタートのTBSの新バラエティー「坂上&指原のつぶれない店」(日曜後8・00)の初回2時間SPにゲスト出演。過去に経営事業で7000万円の損失を出した経験を語る。

 同番組は過去2度の特番が好評でレギュラーに昇格した、坂上忍(50)とHKT48の指原莉乃(25)がMCを務める“お金バラエティー”。1970年代、爆発的人気を誇っていた野口は、美容院経営で7000万円の損失を出した当時の“失敗談”を語る。

 銀座の一等地で開店した美容院は、当初は行列のできるほどの人気を博し、すぐに店舗拡大の話が舞い込むほどだった。ところが、協力してくれていた友人が二重帳簿をつけていたことが発覚し、計7000万円の大損失に。心の底からその友人を信頼し、資金を委ねていたため、取り返しがつかなかったという。

 さらに、番組内では、野口が現在、儲けを生み出しているビジネスについても紹介。「街で見かけるつぶれそうにない店はどうしてつぶれないのか?」をテーマに、世間の“お金”のからくりを解き明かす。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月22日のニュース