ピコ太郎 古坂大魔王の第1子とPPAP希望「引退したら譲ってもいい」

[ 2018年4月22日 15:51 ]

「PPAPPT in日本武道館」発売記念フリーライブに登場したピコ太郎
Photo By スポニチ

 シンガー・ソングライターのピコ太郎(自称54)が22日、埼玉県さいたま市でライブDVD「PPAPPT in 日本武道館」発売記念フリーライブを行った。

 ピコ太郎とそっくりなプロデューサーでタレント・古坂大魔王(44)の妻でタレントの安枝瞳(30)は現在第1子を妊娠中で6月に出産予定。「古坂さんが言うには目で見てわかるくらい動いているらしいですね。(性別は)生まれるまでわからないけど、ほぼ女性」と笑顔。もう名前は決めている?と問われると「古坂さんがふわっとは決めているみたい。でもくりぃむしちゅーの上田(晋也)さんに『頭の中で決めている名前は見た瞬間に違うって思うから、あんまり考えるな』って言われました。古坂さん今は子供ってことで“こっちゃん”って読んでるみたいです」と明かした。いずれ一緒に「PPAP」を?と提案されると「古坂さんの子供と『PPAP』!もし私が引退したら譲ってもいいですもんね。2代目ピコ太郎!それうれしいかも。楽しみです」と話していた。

 ピコ太郎にとってリリースイベントは約1年5カ月ぶり。フリーライブでは観客の子供たちをステージにあげて一緒に「PPAP」を歌った。ピコ太郎は「会えるチャンスがなくてなかなか会えなかったので、ちびっこと交流できてうれしかったです」と喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年4月22日のニュース