羽生結弦モノマネ芸人「羽生ゆずれない」もパレード沿道から祝福

[ 2018年4月22日 15:07 ]

<羽生結弦パレード>多くの羽生結弦ファンに囲まれる羽生ゆずれない(中央)
Photo By スポニチ

 平昌五輪でフィギュアスケート男子66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)の祝賀パレードが22日、故郷の仙台市で行われた。羽生のモノマネ芸人・羽生ゆずれない(22)も現地を訪れ、尊敬する“ご本人”を沿道から祝福。羽生ファンから記念撮影をリクエストされると丁寧に応じる場面もあった。

 ゆずれないは昨年デビューしたばかりの若手芸人。モノマネ芸人がネタを披露するパブに出演しており、「ルパン三世」、「八代亜紀」などのレパートリーがある。実は「元アイスホッケーU―18 日本代表のキャプテン」という異色の経歴の持ち主。以前出演したTV番組では、サルコウジャンプを練習中だと明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年4月22日のニュース