「THE ALFEE」高見沢俊彦が小説家デビュー オール読物9月号に掲載

[ 2017年8月3日 13:30 ]

 文芸春秋は3日、ロックバンド「THE ALFEE」のリーダー高見沢俊彦(63)が執筆した初めての小説「音叉」が、22日発売の小説誌「オール読物」9月号に掲載されると発表した。

 「音叉」は1970年代を舞台に、バンドでプロデビューを目指す若者の姿を描いた青春小説。400字詰め原稿用紙で約100枚の分量。今後続きを執筆し、「THE ALFEE」が結成45周年を迎える来年夏の単行本刊行を目指すという。

 高見沢は「音楽畑で長年やってきた自分ならではの表現もあるのでは?と思い書き始めました。小説という新しい扉を、わくわくしながら開けていきたい」とコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年8月3日のニュース