さだまさしが楽曲提供!錦戸亮ドラマ主題歌、関ジャニ∞が熱唱

[ 2017年6月13日 06:00 ]

さだまさしが楽曲提供(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 「関ジャニ∞」錦戸亮(32)が主演を務める日本テレビ7月期の新土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」(土曜後10・00)の主題歌を、歌手さだまさし(65)が手掛けることが13日、分かった。作詞・作曲を行った曲のタイトルは「奇跡の人」。現代版「関白宣言」ともいえる恋愛ソングを関ジャニ∞が歌う。

 仕事ができないちょっと残念な夫が、妻と協力して仕事に奮闘する、笑って泣けるお仕事ホームドラマ。錦戸が会社のお荷物社員・小林司を、司を支える妻・沙也加を女優の松岡茉優(22)が演じる。

 関ジャニ∞のメンバーがレギュラー番組で共演した、さだに曲を作ってもらいたいとオファーし、さだが快諾。その後、さだと錦戸が会食をした席で“恋愛ソング”を作ってもらうことが決まった。

 さだは関ジャニ∞メンバーにアンケートを行いたいと伝えて錦戸を中心に、各メンバーにアンケートを依頼。その回答を受け、さださんが楽曲制作を行った。出来上がった「奇跡の人」は関西弁での言い回しが印象的で、関ジャニ∞流の「関白宣言」ともいえる、さだならではのハートフルな楽曲に仕上がった。

 さだは「彼らの番組にお招きいただいて以来、仲良しになった関ジャニ∞のメンバーから、曲作りを依頼されたときは嬉しかった。メンバーとどんな歌にしようかと、食事をしながら相談したら、現代版の『関白宣言』は出来ないか?と提案された。そこで彼らの『好きな女の子』『苦手な女の子』『本音』と『建前』をもとに、つくり上げたのが本作『奇跡の人』だ。彼ら自身が楽しんでくれて、ファンの方も一緒に歌ってくれたら、これほど嬉しいことはない」とコメントした。

 楽曲提供を受けた錦戸は「僕自身がさださんとお会いしてアンケートを作成し、メンバーみんなの好みや譲れないところを聞きました。それをさださんが丁寧にまとめてくださいました。今の僕らの年齢になったからこそ歌える、等身大のラブソングになったと思います」と曲の魅力を紹介。「関ジャニ∞としては、初めての曲調で新鮮な響きになっていると思います。ドラマにもピッタリですし、是非、フルコーラスで聴いてください!」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月13日のニュース