花總まり「わくわく」19年ぶりカルメン役 ホセ役は松下優也

[ 2017年6月13日 05:41 ]

19年ぶりにカルメンを演じる花總まり
Photo By 提供写真

 「エリザベート」の演技で2016年に菊田一夫演劇大賞を受賞した女優の花總まり(44)が“魔性の女”カルメンを演じる。梅田芸術劇場主催の舞台「ROMALE〜ロマを生き抜いた女カルメン〜」で、来春上演。仏作家プロスペル・メリメが、1845年に発表した小説を原作に、カルメンの生きざまを描く。

 宝塚歌劇団時代の99年に「激情―ホセとカルメン―」で演じて以来、19年ぶりとなるカルメン役に花總は「とてもわくわくしています」とコメント。ドン・ホセ役にはNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」でも注目された松下優也(27)が抜てきされた。

 来年3月23日から東京芸術劇場プレイハウス、同4月11日から大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年6月13日のニュース