小籔千豊 快進撃の藤井四段絶賛「センセーショナルな存在」

[ 2017年5月12日 23:44 ]

 吉本新喜劇の将棋部に所属するなど将棋好きで知られる小籔千豊(43)が12日、大阪市内での「コヤブソニック2017」開催発表会見の同時間に関西将棋会館で対局していた藤井聡太四段にエールを送った。

 「羽生善治さんと同じく、将棋の歴史に残す凄い人が出てきた。野球で言うと、大谷ぐらい凄いんかな。いや、王・長嶋くらいセンセーショナルな存在じゃないですか」と絶賛し、「藤井さんの登場で将棋の裾野が広がれば」と期待。連日のニュースや、藤井四段のインタビューを見聞きし、「凄過ぎてため息でる。会っても多分ため口よう聞かん」とリスペクトの念を示した。

 藤井四段と同年代の娘を持つ父としては、「家帰って娘見たら全然違う。育て方間違えたなと思う」と苦笑いで、「あちらの親は立派なんやろな、親の俺が悪いんやと…。藤井さん見ると凄いなと思うと同時に、いつも憂鬱な気持ちになる」と吐露し、爆笑を誘った。だが、「うちの子は何かに17連敗ぐらいしてると思うけど、愛情かけて育てます」と我が子へのフォローも忘れなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月12日のニュース