フジ、渡瀬恒彦さん追悼番組でメッセージ 未放送の主演ドラマ放送

[ 2017年3月24日 21:56 ]

渡瀬恒彦さん(2011年撮影)
Photo By スポニチ

 フジテレビは14日に亡くなった俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)の追悼特別番組として2時間ドラマ「判事失格!?弁護士夏目連太郎の逆転捜査」を24日に放送。番組最後に追悼テロップを映した。

 冒頭に「追悼特別番組」の文字が映されドラマがスタート。番組エンディングで「渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈り致します」と追悼メッセージが表示された。

 胆のうがん発覚前の2014年に撮影され、未放送だったミステリー作品。渡瀬さんは、判決の遅さが原因で再任拒否となり弁護士に転身した“判事失格”という異色の経歴を持つ夏目連太郎役で主演を務めた。女優の本仮屋ユイカ(29)演じるしっかり者弁護士の娘との“デコボコ親子”が殺人事件の裏に隠された真相を求め奔走する内容だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月24日のニュース