フジ武田祐子アナ退社正式発表「山形弁がなかなか抜けず、田舎者の私に…」

[ 2017年3月24日 16:37 ]

フジテレビの武田祐子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビは24日、武田祐子アナウンサー(46)が31日付で同局を退社することを正式発表した。

 武田アナは「自分にとってはすこぶる居心地がよく、長年悩み続けてきましたが、“四十半ばにしてやっと惑わず”といいましょうか、残りの人生、限りある時間をどう生きていくか熟慮した結果の決断です。山形弁がなかなか抜けず、東京の電車の乗り継ぎさえ分からなかった田舎者のこんな私に、たくさんのとてつもない貴重な経験と、かけがえのない仲間を授けてくれたフジテレビには感謝し尽くせない思い出でいっぱいです」とコメントした。

 1994年4月に入社。2002年に同局社員と結婚し、11年11月に第1子男児を出産した。同局「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・00)「ザ・ノンフィクション」(日曜後2・00)のナレーションを引き続き担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月24日のニュース