フジ武田祐子アナ フリーに転身「試行錯誤した結果の決断」

[ 2017年3月24日 05:30 ]

フジテレビの武田祐子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの武田祐子アナウンサー(46)が31日付で同局を退社し、フリーに転身することが23日、分かった。

 スポニチ本紙の取材に、「長年退社について考えていました。居心地のよい会社の環境の中、なかなか踏み出せませんでしたが、家族も増え、これまでとは違った時間の使い方があるのではないかと試行錯誤した結果の決断です」と話している。1994年に入社。02年に同局社員と結婚、11年11月に第1子となる長男を出産していた。

 さわやかで安定したアナウンス力で、情報・報道番組からバラエティーまで幅広く活躍。ナレーションへの評価も高かった。「23年間、フジテレビでの出会いと経験は、固定資産税のかからない私の最大の財産」と感謝。経験を生かして仕事を続ける予定で「2020年の東京五輪に向けてナレーションなどでスポーツドキュメンタリーにも携わっていきたいですし、これまではできなかったCMをいろいろな声でやってみたいという夢もあります」としている。

 同局「全力!脱力タイムズ」、「ザ・ノンフィクション」のナレーションを引き続き担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月24日のニュース