「アニー」大人キャスト発表 マルシア「怖がられてしまいました」

[ 2016年12月9日 15:19 ]

 来年4~5月に上演されるミュージカル「アニー」(新国立劇場)の制作発表会見が9日、都内で行われ、大人のキャストが発表された。

 大富豪ウォーバックス役は藤本隆宏(46)、ミス・ハニガン役はマルシア(47)、グレース役は彩乃かなみ(40)。ハニガンの弟ルースターとその恋人リリーは青柳塁斗(26)と山本紗也加(29)が演じる。

 9年ぶりのミュージカル出演となる藤本は「歴史あるアニーに出演できることをうれしく思っています。ワクワクよりドキドキの方が強いです」と気を引き締めた。

 オーディションで主人公アニー役に選ばれた野村里桜(りお、9)と会百花(かい・ももか、11)も同席。マルシアは「この子たちが楽しくアニーを生きてくれると大成功になる。私たち大人は120パーセントサポートしたい。お金以外は何でもサポートしたい」と力を込めた。

 大人のキャストと仲良くできそうか聞かれて、会は「マルシアさんがちょっと怖い」と本音で対応。マルシアは「さっき、トレーニングで“アニー!”って怒るような強い口調で言ったら、2人に怖がられてしまいました」と釈明した。

 今作では16年間にわたり演出を務めてきたジョエル・ビショッフに代わり、山田和也が担当。さらに、翻訳台本、振り付け、舞台美術、衣装なども一新し、“ニューアニー”となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月9日のニュース