押切&涌井がハワイで挙式「笑顔の溢れる家庭に」 所属事務所が発表

[ 2016年12月9日 08:05 ]

ハワイで挙式を行った押切もえと涌井秀章
Photo By 提供写真

 プロ野球ロッテの涌井秀章投手(30)とモデルの押切もえ(36)が7日、挙式したことが分かった。押切の所属事務所が8日発表した。

 押切の所属事務所は「この度、弊社パール所属の押切もえが、千葉ロッテマリーンズの投手・涌井秀章さんと12月7日15時(日本時間8日10時)、ハワイのプルメリアガーデン・チャペルにて、挙式を行ったことをご報告させていただきます」と発表した。結婚式は親族のみで行った。

 涌井は「これからは二人で笑顔の溢れる家庭にしていきたいと考えております」とコメント。一方、自らプロデュースしたウエディングドレスで式に臨んだ押切は「今日の感謝の気持ちをいつまでも大切にしていきたいです」とした。

 2人は交際1年2カ月で11月1日にゴールイン。これまで一度もケンカしたことがないという仲良しカップルで、9月の交際1年記念日に涌井がプロポーズ。その場を押切の親友や弟が隠れて見守り、押切が承諾するとみんなで祝うサプライズがあったという。

 プライベートが充実した涌井は今季、2年連続の2桁勝利となる10勝をマーク。5完投は12球団トップタイで、エースとしてけん引した。一方、押切は得意の料理で涌井をサポート。関東圏で登板する試合はほぼ生観戦した。仕事面も2作目の小説「永遠とは違う一日」が「山本周五郎賞」にノミネートされるなど絶好調だった。

 ▼涌井秀章の話 無事に挙式を挙げることが出来ました。ここまで見守っていただいた皆様に感謝の気持ちで一杯です。これからは二人で笑顔の溢れる家庭にしていきたいと考えております。

 ▼押切もえの話 たくさんの方々に支えられて今日の結婚式を迎えることができ、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。自分でデザインしたウェディングドレスを着て、愛する家族とともに笑顔溢れる一日を過ごさせていただきました。今日の感謝の気持ちをいつまでも大切にしていきたいです。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年12月9日のニュース