つるの剛士 ゲス不倫を自制!?「いや、モテちゃまずい」

[ 2016年12月9日 13:46 ]

「ヤマハエレクトーンチャレンジアンバサダー就任会見」に出席したつるの剛士
Photo By スポニチ

 タレントつるの剛士(41)が9日、都内で行われた「ヤマハエレクトーンチャレンジアンバサダー就任会見」に出席した。

 つるのは6月に第5子の次男、絢斗(あやと)君が誕生。1カ月の育児休暇を取得し、イクメンとして奮闘した。そんな1年を振り返り「6月に第5子が生まれまして、今年は“家族”の1年だった。新しい家族ができたので、心機一転ますますがんばらないと!」と気持ちも新たにしていた。

 イベントでは、つるのが半年かけてエレクトーンを練習し、春のコンサートで披露することが発表された。つるのの娘三人もヤマハのエレクトーン教室に通い始めたことを明かし「家族通してエレクトーンをやるので、家族連弾とかできると思う。新しい弾き方もできたら」と意気込んだ。

 前チャレンジアンバサダーの平山あや(32)も駆けつけ激励。つるのの妻が以前平山のスタイリングを担当していたということで「人生って不思議なハーモニーがあるね」と感激。平山も「わからないことがあったら、おうちまで教えに行きますよ」と労った。しかしまだエレクトーン初心者ということで「これ弾けるようになったらモテちゃう」と喜びながらも「いや、モテちゃまずい」と“ゲス不倫”を自制していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年12月9日のニュース