高麗屋 37年ぶり3代同時襲名 幸四郎は白鸚に

[ 2016年12月9日 08:50 ]

襲名披露記者発表に登場した(左から)松本金太郎、市川染五郎、松本幸四郎
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の松本幸四郎(74)、長男の市川染五郎(43)、孫の松本金太郎(11)の高麗屋3代が8日、都内で会見を開き、それぞれ二代目松本白鸚(はくおう)、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎を襲名することを発表した。襲名披露興行は2018年1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに全国各地で行う。

 直系の3代同時襲名は37年ぶりで、前回も高麗屋。当時九代目を襲名した幸四郎は「今日の日のために歌舞伎をやってきたと思えるくらい幸せ」と感無量の表情。3代での襲名披露は「想像もしていなかった。神ってます」と流行語を交えて喜びを表現した。白鸚は隠居名とも言われているが、幸四郎はライフワークとして上演してきた歌舞伎演目「勧進帳」の弁慶やミュージカル「ラ・マンチャの男」についても「お客さまのご要望があるなら」と意欲を示した。

 「松本幸四郎」の大名跡を受け継ぐ染五郎は「今はただ感激しております」と目を潤ませた。2年連続で米ラスベガスで新作歌舞伎を上演するなど、国内外で歌舞伎の魅力を発信しており、「高麗屋が代々演じてきた役を自分が体現したい。歌舞伎職人を目指しております」と意気込んだ。幸四郎は「染五郎の芸はすでに染五郎の名前の器からあふれ出ている。これからは幸四郎という器にいっぱい詰めてほしい」と願いを込めた。

 また金太郎は「八代目市川染五郎を襲名させていただきます。よろしくお願いいたします」と初々しくあいさつした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年12月9日のニュース