南果歩 3月乳がん手術から復帰「長い闘いになる」

[ 2016年5月16日 05:30 ]

「パーマ屋スミレ」フで熱演する南果歩

 女優の南果歩(52)が15日、東京・新国立劇場で17日に開幕する主演舞台「パーマ屋スミレ」の公開稽古を行い、蜷川幸雄さんについて「厳しいだけでなく、俳優を心から愛してくださった。本当に大きな存在がなくなってしまった」と悼んだ。

 00年の舞台「グリークス」で共に仕事をした間柄。アクシデントで負傷した南が松葉づえで劇場に戻ったとき、「やれるな?」と一言だけ掛けられたエピソードに触れ「陰では物凄く心配してくださったと聞いています」と目に涙を浮かべた。自身は3月に乳がん手術を受けて以来、初の公の場。「今はホルモン療法で薬を飲んでいるだけですが、長い闘いになる」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月16日のニュース