乙女新党 7月3日のライブで解散、3年半の活動に終止符

[ 2016年5月16日 18:20 ]

3月にCD発売イベントを行った乙女新党

 アイドルグループ「乙女新党」が16日、公式サイトで7月3日のライブをもって解散、3年半の活動を終えることを発表した。

 サイトでは「メンバーの今後についてそれぞれの道へと進んだ方が良い時期が来たと考え、解散を決断致しました」としている。

 さらに「これまで走り続けてこられたのも、ひとえにファンの皆様ならびに関係者の皆様の応援のおかげだと心より感謝しております。本当にありがとうございます。そして突然このような発表となってしまい、本当に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます」とし、今後はラストアルバムの「乙女新党 第二幕 ~旅立ちのうた~」をリリースし、最後のライブに向けて活動する。

 乙女新党は2012年12月に結成。「ポジティブな二軍アイドル」として活動し、ネクストブレークとして注目のグループとされていた。4月9日に安倍晋三首相が東京・新宿御苑で開いた「桜を見る会」に招待され、話題となっていた。

 リーダーの高橋優里花(18)は解散にあたり「思えば、中3の冬からアイドル活動をはじめて4年になります。私の青春そのもである乙女新党が解散しても“乙女新党は私のなかでも不滅です!みんな大好きです!”今まで応援してきてくれた党員の方々とともにこの幕はひきますが、次の高橋優里花もどうぞよろしくお願いいたします!」とコメントを発表した。

 メンバーの田尻あやめ(17)は「恩返しがしたいので会いに来てほしいです。乙女新党に出会ってくれてありがとう」、緒方真優(16)は「活動が出来たことは、私の人生においてとても貴重な体験であり大切な時間でした」、其原有沙(14)は「加入して約2年、いろいろな経験をさせて頂きました。楽しい時くじけそうな時、いつも多くの応援で頑張ってこれました」、長谷川愛里(14)は「楽しい思い出、悔しい思い出…たくさんの経験が宝物です」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月16日のニュース