蜷川実花さん、最愛の父・幸雄さんと涙のお別れ「幸せな人生だったと」

[ 2016年5月16日 14:56 ]

蜷川実花さんが撮影した蜷川幸雄氏の遺影

 多臓器不全のため12日に死去した演出家の蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さん(享年80)の葬儀・告別式が16日、東京・青山葬儀所で営まれ、長女で写真家の蜷川実花さん(43)が最後のあいさつを行った。「本日はお忙しい中、ありがとうございました。本当に最後まで戦い、いつ死んでも後悔はないと言っておりました。幸せな人生だったと思います」と涙で最愛の父を悼んだ。

 「ですが、やる予定だった台本が置かれているのを見るとまだまだやりたかっただろうな、と思い残念でなりません」と声を詰まらせた。「もう新作を見ることはできませんが、残された私たちはひたすら前を向いて走っていこうと思います」と気丈にあいさつした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月16日のニュース