ディーン・フジオカの転機は香港 米定住考えるも「アジアの時代」

[ 2016年2月23日 11:00 ]

劇場の席に座り、優しくほほ笑むディーン・フジオカ

ディーン・フジオカ インタビュー(上)

 今最もホットな俳優、ディーン・フジオカ(35)。放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・00)で、明治時代の大阪経済界の重鎮・五代友厚を演じて大ブレークを果たした。端正なルックス、五代と重なる誠実な人柄に、日本中の女性が「五代さま~」とメロメロ。彗星(すいせい)のごとく現れた男に会ってきた。

 「五代さま」として火が付いた人気。ディーン・フジオカという聞き慣れなかった名前もすっかりお茶の間に定着した。

 「日本では一生仕事ができないと思っていたので、凄くフレッシュ。全く想像できなかったことです。興味を持っていただけることはとてもうれしいですね」

 本人にもさぞ「びっくりぽん」な現況だと思いきや、とても冷静。“五代さまロス”という現象について聞くと、「それだけ五代友厚という人が偉大だったということですよね」と、謙遜どころか、まるで人ごとのように語る。これが世の女性を虜(とりこ)にする、落ち着いた大人の魅力なのだろう。

 台湾で高視聴率を記録したドラマ「ホントの恋の見つけかた」に出演するなど中華圏で実績をつくった後、日本へ進出した“逆輸入俳優”。国際的な活動を視野に入れ「ディーン」と付けた芸名は、広東語で「クレイジー」を意味する。使い古された表現で言えば、「甘いマスク」という言葉がピッタリのイケメンだ。

 両親ともに日本人で、福島生まれの千葉育ち。父親は中国生まれの商社マン。「お風呂に入る時、1、2、3と数えますよね。ウチは中国語で数えていた」。お土産でもらう海外のおもちゃ。祖母の家に行けば中国語の本もある。自然と海外志向を持つようになった。

 高校卒業後、米シアトルで大学に進学。ITを専攻し、ウェブデザインを学んだ。「ITならビル・ゲイツのいるシアトルだろって(笑い)。ニルヴァーナ、ブルース・リー、ジミ・ヘンドリクスが住んだ場所もシアトルだった」。卒業時には定住も考えたが、米中枢同時テロの影響で就労ビザの発給条件が厳格化。定住は難しかった。

 ここが転機。「大学の教授が“これからはアジアの時代”と言っていたし、アジア人の友人との付き合いが一番深かったので」。渡ったのは香港。04年にクラブでラップを披露しているところをスカウトされ、モデルとして活動をスタート。2年後に台湾に渡ると、テレビドラマで主要な役を演じるまでになった。

 日本での仕事につながらずに悩んだこともある。でも今、自分の存在意義は明確だ。「僕は日本生まれ、日本国籍のアジア人。“ジャパニーズ・エイジアン”だと思う」。アジア全域がホームだ。

 ◆ディーン・フジオカ 1980年(昭55)8月19日、福島県生まれの35歳。香港でモデルの道へ進み、05年公開の香港映画「八月の物語」に主演し俳優デビュー。06年からは台湾で活動。14年に米ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」で全米デビューを果たした。現在はTBS「ダメな私に恋してください」でドSキャラの男を演じている。1メートル80、血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年2月23日のニュース