小堺一機、最愛の母死去 80歳“理想の家族像示してくれた”

[ 2015年11月18日 07:00 ]

「ごきげんよう」司会の小堺一機

 タレント小堺一機(59)の母、淑子(よしこ)さんが16日午前6時に死去したことが17日、分かった。80歳。死因は不明。関係者によると、「自宅で、自然死のような形で亡くなったようだ」という。通夜は18日、葬儀・告別式は19日に都内で営まれる。喪主は夫・秀男(ひでお)さん。

 淑子さんは、20歳で小堺を出産。関係者によると「若い母親だからいい子が育たないとは絶対に言われたくない」との思いから、小堺と妹を厳しくしつけたという。小堺が芸能界入りした際は大反対した。

 小堺は1男2女の父となった今も、自身の父と母を理想の家族像としているといい、最愛の母の訃報に、落ち込みを隠せない様子だという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年11月18日のニュース