NHK総局長 「あさが来た」視聴率好調に「演出がいい」

[ 2015年11月18日 16:08 ]

NHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインを務める波瑠

 NHKの板野裕爾放送総局長が18日、東京・渋谷の同局で定例会見を開き、高視聴率が続いている連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・00)の好調の“理由”についてコメントした。

 板野総局長は「理由はわからない」としながらも「1話1話が面白いところはもちろんだが、次につながる終わり方が、盛り上がり方がいいなと。明日も見てみたいと思わせる演出はいいんじゃないかと思っています」と分析。担当の安斎尚志理事も「朝にふさわしい明るい感じが好評なのかなと。女性が激動期に活躍していく姿が家庭で見ている方に好評をいただいているのでは」と話した。

 「あさが来た」の週間平均は第1週20・3%、第2週20・2%、第3週21・4%、第4週22・3%、第5週22・8%、第6週23・1%、第7週24・0%とすこぶる好調。10日には24・8%と自己最高の数字もマークしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年11月18日のニュース