菊地亜美“肉の三大絶景”認定 内山信二「ゆっくり食べたかった」

[ 2015年11月18日 05:30 ]

“巨大”パーフェクトフリーと笑顔の菊地亜美(左)と内山信二

 タレントの菊地亜美(25)と内山信二(34)が17日、東京・江東区のダイバーシティ東京内「KIRIN パーフェクト BBQ TERRACE」で行われたキリンビール「パーフェクトな“肉の三大絶景”認定式」に出席した。

 ノンアルコール・ビールテイスト飲料「パーフェクトフリー」と、関東・関西などにバーベキュー会場を展開する「デジキュー」がコラボしたテイスティングイベントが、今月29日の「いい肉の日」までデジキューのバーベキュースポットで開催されている。

 このイベントに合わせて行われた認定式では、世界的絶景を肉で豪快に再現する「絶景肉で世界一周」をコンセプトに全5品が登場。審査員の大役を任された2人は全てを試食すると、「おいしい」を連発。肉の絶景を制覇し、「熟成肉のエベレスト風」「ホルモンの万里の長城風」「ラムチョップのプルピット・ロック風」の3品を「パーフェクトな“肉の三大絶景”」として認定した。

 菊地は「今年はよくバーベキューをしました。仕事前にも友達と行ったりして」と笑顔でエピソードを語ったが、内山は「全部認定したかったくらい…もう少しゆっくり食べたかった」と少し残念そうに話した。さらに「バーベキューはみんなで盛り上がって、テンション上がりますよね」と話した2人は、最後に「パーフェクトフリー」を手に「肉に乾杯!」と声を合わせてPR。今回認定された“絶景肉”3品は29日までのイベント期間中、同会場で特別価格で提供される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年11月18日のニュース