「HERO」のマスター田中要次「あるよ」に感謝「3文字でよくぞ15年」

[ 2015年11月15日 10:00 ]

優しくほほ笑む田中要次。自身の人生について語ってくれた

田中要次インタビュー(下)

 たった3文字のセリフが大きな転機となった俳優・田中要次(52)。大ヒットしたフジテレビのドラマ「HERO」(01年)で「あるよ」とつぶやく渋いバーのマスターを演じてお茶の間にその顔を浸透させ、貴重なバイプレーヤーとして活躍している。元国鉄職員という異色の経歴の持ち主。愛猫家で、3匹の“娘”の溺愛ぶりも明かした。

 彫りの深い顔立ちに低音ボイス。「濃い顔に見えて、鼻はちっちゃくて意外とかわいい形でしょ。薬師丸ひろ子さんと同じ形じゃないかと思ってるんです。鼻さえ高ければ外国人になりきれたのに」と白い歯を見せて笑う。素顔は「HERO」の無口で眉間にしわを寄せた役とは違い、おちゃめに話す朗らかな人柄だ。

 山林が広がる長野県木曽町出身。高校卒業後に国鉄に就職し、保線を担当。6年目の87年に国鉄が分割民営化されJR東海の社員となった。

 90年12月8日にJRを退社。上京後は竹中直人(59)の初監督映画「無能の人」(91年)に照明助手として参加。エキストラも務め、スタッフ兼業の俳優人生がスタートした。バイク便のライダーなどで生計を立て、「HERO」に起用されたのは01年、37歳の時だ。

 主人公(木村拓哉)が通うバーのマスターで、どんなむちゃぶりにも「あるよ」と応じる名物キャラ。今年7月公開の劇場版までシリーズを通して出演した。「遠くでお酒を作ってるエキストラ的な役だと思っていたので、反響の大きさにびっくりしました。放送後はバラエティーに呼ばれたり、もらったことないような役が回ってきちゃって、“3文字でやってきたヤツが長ぜりふなんて無理です”って感じでした」

 急激な変化にうれしい悲鳴を上げながらも「この役なくして今の年相応の暮らしはない。飲食店関係の方からも親近感を持たれ、“あのマスターみたいになりたくて店を出しました”と言ってくれる人もいる。3文字でよくぞ15年近くやれましたよね」と感謝している。

 1月期から連ドラに出ずっぱりで、現在は日本テレビ「偽装の夫婦」(水曜後10・00)に出演。ヒロイン(天海祐希)に思いを寄せる図書館館長で、アプローチしても相手にされない悲哀あふれる役。映画出演も相次ぐが「冒頭に出てきて見終わる頃には忘れられる役が多い。せめて最後に出てきて印象を残して終わりたい」と笑う。

 04年に3歳下の女性と結婚。自宅で飼うメスネコ3匹をブログで“娘”と紹介し、「末っ子が膝の上とか近くに肌を寄せてくるから動けなくなりますよ」とデレデレだ。

 俳優業の傍ら短編映画を製作。自宅のパソコンで編集作業をしており「CGの勉強を始めるかもしれない」と熱い。妻からは「夫婦の対話がない」と愚痴を言われる。「家庭不和の原因にもなってるけど、僕なりの世界観がある。プレーヤー(俳優)じゃなかったんじゃないかという気がしています」。監督専業も“あるよ”!?

 ◆田中 要次(たなか・ようじ)1963年(昭38)8月8日、長野県生まれの52歳。89年、佐木伸誘のミュージックビデオ「SEEK AND FIND」に出演。主な出演作は日本テレビ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」、NHK連続テレビ小説「純と愛」、映画は「キル・ビル」「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」「探検隊の栄光」など。1メートル78、73キロ。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年11月15日のニュース