紗栄子 金持ちにモテる理由 媚びない姿勢「物事ズバズバ言う」

[ 2015年11月15日 09:00 ]

紗栄子

 モデルの紗栄子(28)がフジテレビのドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」で8年半ぶりに連続ドラマに出演し、芸能活動を本格化させている。資産2000億円とも言われるスタートトゥデイの前澤友作社長(39)との交際も明るみになり、2児のシングルマザーが仕事に恋にアクセルを強く踏み出した。

 同時に、ネット上でも紗栄子に関する書き込みが急増している。「演技にブランクを感じない」「2児のママなのに現役バリバリですごい」など好意的なメッセージが多い一方で、「金持ち好き」「男に依存している」などといったアンチな意見が多いのも特徴的だ。

 実際の紗栄子はどんな人なのか、知人や関係者に聞いてみた。

 一番驚いたのは、収入だ。一流のプロ野球選手並みに稼いでいる。紗栄子は大手ブランドの洋服やアクセサリー、大手化粧品メーカーの美容商材などのプロデュースやアドバイザーを手掛けており、計50品ほどの商品に関わっている。こうして得ている収入が大きい。

 知人は「紗栄子自身に十分な稼ぎがあるから、金持ちの男に依存するなんてことはありえない」と言い切る。では、なぜ、次々と金持ち男性と交際できるのだろうか。関係者は「権力や地位のある人に媚びずに、真正面に物事をズバズバと言えるからではないか」と指摘する。

 紗栄子は日ごろから、化粧品メーカーなどの担当者らとの会議や打ち合わせで「これでは売れない」とか「こう変えられないのか」といった率直な意見や要求を突きつける機会が多い。相手が大手企業の社長であっても、媚びずにストレートな意見を言うことで商機を広げていっているのだ。

 周りがイエスマンだらけになりがちな経営者ほど、紗栄子と接すると新鮮さを感じるようだ。知人は「アニメ声なのもあって“ゴマすり姉ちゃん”みたいなイメージが広がっているけど、実際はどんな人にも媚びない。思考はロジカルでマーケティングも得意だし、空いている時間を探して1泊で海外旅行に行ったりするほど行動力もすごい」と明かした。

 「ファッション業界の革命児」と称されている前澤氏もまた、紗栄子のストレートな意見にノックアウトされた経営者の1人だ。自立した経済力と媚びない姿勢。これこそ紗栄子が金持ちにモテる秘訣なのだろう。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年11月15日のニュース