PR:

10歳で月収3000万円…内山信二「大人なめてた」16歳でどん底、引きこもりも

10歳で月収3000万円だったことを明かした内山信二

 元人気子役の内山信二(34)がやりたい放題だった子役時代からの転落人生を赤裸々に語った。

 2日放送のテレビ朝日「しくじり先生3時間!!家族が大迷惑だよSP」に出演。6歳で出演したフジテレビ「あっぱれ さんま大先生」でブレークし、人気子役としてテレビ番組、イベントで引っ張りダコだった。小学1年で小遣い一回5万円、1年間で焼き肉店へ250回行ったこともあるという。

 絶頂期の10歳では「マックス(最高)月収3000万円。(年収が)億を超えないわけがない」。中2の時に初めてカノジョができるとタクシーを迎えにやり、銀座の寿司店でデート。20万円する高級ブランド・シャネルのバックをプレゼントし、逆にフラれてしまったという。完全に金銭感覚はマヒ。加えて「完全に大人をなめてた」と回想する。

 だが、その人気も長くは続かなかった。「男の子から男になってしまい仕事が激減した」。体が大きなって子役での出番がなくなり、14歳で「あっぱれ さんま大先生」を卒業すると仕事はついにゼロに…。本人いわく「性格の悪いデブ」に成り下がると友達もなく高校を中退。引きこもり、非行にも走ったという。

 芸能界引退も脳裏をかすめたが、16歳の時に明石家さんまから「おい内山、お前どうせヒマやろ?舞台をやるから出てくれ」と声をかけられ踏みとどまったという。

 「人生のピークが早すぎちゃった」と振り返りつつも、周囲への感謝を胸に第二の人生を歩む。

[ 2015年11月2日 20:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月21日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル