木梨憲武 ニューヨーク個展大盛況に「うれしい悲鳴」

[ 2015年11月2日 05:30 ]

ニューヨークでの個展初日に大勢のファンが詰めかける中、自身の作品の前で笑顔を見せる木梨憲武

 アーティストとしても活動する、お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武(53)の個展が10月31日(日本時間1日)、米ニューヨーク・トライベッカ地区のギャラリーで開幕した。

 海外で個展を開くのは初めてで、芸術活動約20年間の集大成ともいえるイベント。富士山を題材にした作品など約30点を展示。現地のアート関係者や美術ファンも多数訪れ、会場前に行列ができるほどの盛況ぶりだった。木梨は「日本人だけでなく米国、カナダ、オランダ…たくさんの外国人の方にきちんと評価していただけた」と興奮気味に語った。

 今回は自身の作品を販売する試みにも挑戦。この日だけで展示作品の約8割が売れたといい「付き合いの浅い作品が旅立っていく寂しさと、誰かのリビングに飾ってもらえる喜び。うれしい悲鳴という気分を味わっています」と心境を表現。芸術の本場で“実力”が評価されたことに「言葉は伝わらないけど、アートに対する気持ちは伝わった気がします。いいスタートが切れた」と話した。同展は11日まで開催。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年11月2日のニュース