作家の佐木隆三氏死去 「復讐するは我にあり」で直木賞受賞

[ 2015年11月2日 05:30 ]

佐木隆三さん(2004年撮影)
Photo By スポニチ

 小説「復讐するは我にあり」で直木賞を受賞し、刑事事件やその裁判を題材にしたノンフィクション作品でも知られる作家、佐木隆三(さき・りゅうぞう、本名小先良三=こさき・りょうぞう)氏が10月31日午前8時40分、下咽頭がんのため北九州市内の病院で死去した。78歳。葬儀・告別式は2日に近親者のみで行う。喪主は長男小先隆三(こさき・りゅうぞう)氏。お別れの会を北九州市内で開く予定だが、日時、場所は未定。

 関係者によると、9月下旬に末期の下咽頭がんの診断を受け入院。喉を手術した後は、筆談で周囲とコミュニケーションを取っていた。数日前からは意識がなく、最期は4人の子供ら親族がみとったという。

 佐木氏は犯罪を主なテーマにした社会派小説を手掛けた。自らを「裁判傍聴業」と称し、取材を基にしたノンフィクション作品で事件の真相に迫った。親交のあったライターは「徹底した現場主義で、裁判はもちろん事件現場にも何度も足を運ぶ人だった」と話した。私生活では冗談を言う明るい性格で、無類の酒好きでもあり、焼酎をよく飲んでいたという。

 1976年に直木賞を受賞した「復讐するは我にあり」は実際にあった連続殺人事件がモデル。79年に映画化(監督今村昌平、主演緒形拳)され、佐木氏の名を世間に広める出世作となった。ほかに「海燕ジョーの奇跡」(84年、監督藤田敏八)、「南へ走れ、海の道を!」(86年、監督和泉聖治)が映画化された。

 「復讐…」で犯罪者の心理や事件の社会的背景を描き出すスタイルを確立。その後も綿密な取材から事実を浮かび上がらせる手法で「宮崎勤裁判」や「“オウム法廷”連続傍聴記」などノンフィクション作を出版し続けた。

 ルポライターの鎌田慧さんは「ただ真相を追うだけでなく犯罪者を生み出す貧困や社会の矛盾を見つめる視線は一貫していた。暗い題材を扱った作品でも、どこかユーモアや軽妙さがあったから広く支持されたのだろう」と話した。

 99年に東京から故郷の北九州市に転居。06年11月から北九州市立文学館の館長を務め、12年4月からは名誉館長。同文学館の今川英子館長は「子供たちにルポの書き方などを教える教室を開いていた。周囲に気を使う優しい人でした」としのんだ。

 ◆佐木 隆三(さき・りゅうぞう、本名小先良三=こさき・りょうぞう) 1937年(昭12)4月15日、旧朝鮮咸鏡北道(現・北朝鮮)生まれ。41年に母親に連れられて帰国し福岡県で育ち、八幡製鉄(現新日本製鉄)勤務時代に同人誌に小説を書き始め、63年に製鉄会社を舞台にした「ジャンケンポン協定」で新日本文学賞を受賞。64年に退社して文筆活動に専念。91年「身分帳」で伊藤整文学賞受賞。他に「伊藤博文と安重根」「“オウム法廷”連続傍聴記」などの著書がある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年11月2日のニュース