峰竜太 スタジオ飛び出し初の中継プレゼンター 「ひるブラ」特番

[ 2015年3月16日 07:40 ]

19日放送「ひるブラ」のスペシャル版に出演する峰竜太。中継する東京タワーを背に笑顔

 俳優の峰竜太(63)が、NHK「ひるブラ」(月~水曜後0・20、祝日後0・15)のスペシャル版「ひるブラ“放送90祭 夢のテレビ大集合!”」(19日後0・20)で、東京タワー(東京都港区)からの中継プレゼンター役を務める。

 ラジオ放送が始まって90年の節目。電波塔として放送を支えてきた東京タワーで、19~22日にイベント「NHK 放送90祭」が開催されるのに合わせた企画。峰は、司会の藤崎弘士アナウンサー(44)、大島麻衣(27)とともにイベント会場から生出演する。

 番組は2011年4月にスタート。全国を訪れるタレントと、東京のスタジオから「ワイプ」と呼ばれる画面の隅に設けられた小窓から出演するゲストが、トークで各地の魅力を伝えるバラエティー。

 峰は、これまでスタジオのゲストとして計56回の最多出演を誇るが、スタジオを飛び出すのは今回が初めて。「僕が生まれた1年後の1953年にテレビ放送が開始され、僕はテレビとともに生きてきたと思っています。視聴者の方に分かりやすく届くように中継したいと思っています」と、本番を楽しみにしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月16日のニュース