学天即、ytv漫才新人賞“4度目の正直”V 四条も“妊活”宣言

[ 2015年3月16日 07:40 ]

ytv漫才新人賞で初優勝した学天即の四条和也(左)と奥田修二

 芸歴10年以内の若手が競う「ytv漫才新人賞決定戦」が15日、大阪市内であり、ラストイヤーの「学天即」が“4度目の正直”で初優勝した。

 過去3回すべて決勝に進出したが12、13年は準V、昨年は4位。奥田修二(33)は「この大会を“中退”ではなく、ちゃんと卒業できて良かった」、相方の四条和也(33)も「いろんな賞レースで出場制限がかかってくる節目で、勝てて良かった」と喜んだ。

 四条は先月、同大会の出番順を決める抽選会で、優勝と子作りの“ダブルおめでた”を宣言。昨年末に6年間の交際を経て結婚した夫人とのマンネリが理由で3年以上、夜の営みがないためで、「トロフィーを持ち帰ったらムーディーな雰囲気になるかも。夜の本戦も頑張ります」と公約達成へ気を引き締めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月16日のニュース