鈴木おさむ氏 妊娠中の妻・大島の近況報告「体張りたくてウズウズ」

[ 2015年3月16日 05:32 ]

トークショーで妊娠中の妻・大島美幸などの話題を語る、放送作家の鈴木おさむ氏

 放送作家の鈴木おさむ氏(42)が15日、大阪市内でトークショーに出演した。JR大阪駅の商業施設「ルクア イーレ」の開業前イベントで「放送作家×ギフト」をテーマに語るとともに、2月15日に妊娠を発表した妻でお笑いトリオ「森三中」の大島美幸(35)とのエピソードも披露した。

 待望の妊娠を確認して初めて大島の1月13日の誕生日を迎える前、鈴木氏は何を贈るか悩んだそうだ。なぜなら、「うちの奥さんは過去に2回、残念なこと(流産)があったりして、安定期に入っても、不安な気持ちはある」からである。

 「もしも、もう1回、あの悲しいことが起きたらと、奥さんも絶対に考えていると思った」。それでも、「12月すぎには安定期に入ったと思った」と意を決して「妊婦にいい」という抱き枕を贈った。それも「うちの奥さんはよく寝返りする」ことを考慮した、長さ4メートルの“巨大抱き枕”だ。「(真ん中から折り曲げれば)体を城壁のように抱き枕で囲える。僕の発明です」

 妊娠発表以降、届いた贈り物で心を打たれたのは、「7カ月以上の胎児の心音を聞ける、聴診器」だ。しかも「夫婦で聞けるよう、2セットだった」と“ギフトの極意”に目を細める。

 大島は妊活のため昨年5月から芸能活動を休業している。「奥さん、6月出産予定なので、皆さんにいい報告をして、早く“イッテQ”で体を張ってもらいたい」。鈴木氏は最後にこう語った。ちなみに、「妻も体を張りたくて、ウズウズしている」と言う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年3月16日のニュース