川田裕美アナ 一大決心の裏に家族の声援「自分らしく輝けるよう歩んで、と」

[ 2015年2月15日 19:32 ]

3月末の読売テレビ退社、司会を務める日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」卒業する川田裕美アナウンサー

 3月末に大阪・読売テレビを退社し、フリーに転身することを発表した川田裕美アナウンサー(31)が15日、自身のツイッターを更新。あらためて「3月末で読売テレビを離れることにしました」と報告するとともに、決断に至った自身の思いなどをつづった。

 「頑張って」という数々の励ましの言葉に「たくさんのお祝いコメント、本当に有難うございます」と感謝した川田アナ。退社については「かなり悩みました…」といい、アナウンサーではない仕事に就くことも考えたという。

 それでも「そう簡単に放りだしていいのか。本当にやりきったと思えるなら別ですが、そうじゃないなら更に先を目指すべきだなと」と翻意。アナウンサーを続ける覚悟を決めた。

 また、周囲に反対されれば考え直す意思もあったというが「父も母も妹も祖母も『テレビに出るのが減って、近所の人に何て言われても構わない。健康でさえいてくれたら』と言ってくれました」と、「『自分の意志はとても必要なもの。自分が自分らしく光り輝けるようにゆっくりでも歩んで欲しい』とも。」。川田アナの一大決心の裏には、家族の後後押しがあったことを強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月15日のニュース