MALIA 3度目結婚語る、テリーがお相手称賛「男は尻込みします」

[ 2015年2月15日 10:52 ]

MALIA

 モデルのMALIA(32)が15日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演、3度目の結婚について語った。

 MALIAは今年元日にサッカーJ1横浜のMF佐藤優平(24)と結婚、2男1女と合わせて5人家族での新生活をスタートした。

 番組でMALIAは、昨年元日に行われた天皇杯で優勝した横浜の祝勝会で佐藤と知り合い、1月6日まで毎日会ったことを明かし、「我慢できなくなったところで」付き合い始めたという。

 サンジャポ出演陣からは西川史子(43)が「3回はうらやましい」、デーブ・スペクターから「何回結婚したいですか」との声が飛び、MALIAは「これで最後に」ときっぱり。さらに、これまでの結婚・離婚の経歴を紹介されると、テリー伊藤(65)から「(スポーツ選手と3回は)たまたまじゃないと思いますよ。佐藤選手は凄いなと思った。男は尻込みしますよ。あの総合格闘家(山本“KID”徳郁)と結婚してたんだから」と、結婚相手の佐藤を褒めていた。

 また、この日同番組に出演した、再婚が明らかになった元プロボクシング世界王者でタレントの薬師寺保栄(46)については、ちょと間を置いて「凄いですねー」と明らかに薄い反応、薬師寺そのものを知らない雰囲気だった。

 MALIAは01年、J1松本のMFで、当時横浜に所属していた田中隼磨(32)と結婚し男児を出産。03年に離婚。06年には格闘家の山本“KID”徳郁(37)と再婚し1男1女をもうけたが、09年に離婚している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月15日のニュース