清水アナ 夫人の告別式で涙…長男が「初めて寝返り。見せてやりたかった」

[ 2015年2月15日 05:30 ]

喪主あいさつをする清水健アナ

 11日に乳がんのため死去した読売テレビ清水健アナウンサー(38)の妻・奈緒さん(享年29)の告別式が14日、大阪市阿倍野区内の斎場で営まれた。

 喪主の清水アナは「“治療がどんなにつらくても、私より周りがつらい”が妻の口癖で一度も涙は見せず、1週間前にも“まだまだ良い妻、ママでいたい”と話していた」と闘病生活を告白。「立派な妻、ママだったと言ってあげたい」と話した。

 2013年5月に出演番組の社外スタッフだった夫人と結婚。この日は昨年10月に誕生したばかりの長男を抱き、「2日前に初めて寝返りした。(妻に)見せてやりたかった」と語り、出棺前には何度も目頭を拭った。

 遺影には最後の家族旅行となった昨年12月の沖縄・竹富島での笑顔の写真が使われた。タレントの和泉修(52)、中山泰秀外務副大臣(44)ら約500人が参列し、手を合わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月15日のニュース