鈴木おさむ氏 妻・大島美幸の妊娠を報告「この報告が出来て、良かった」

[ 2015年2月15日 21:09 ]

大島美幸の夫で放送作家の鈴木おさむ氏

 お笑いコンビ「森三中」の大島美幸(35)が15日、妊娠を報告したのを受け、夫で放送作家の鈴木おさむ氏(42)も自身のブログで大島の妊娠を報告した。

 「ご報告??」という題名で「みなさまへ、ご報告があります。この度、妻のお腹に赤ちゃんを授かることが出来ました。只今、妊娠6ヶ月」とし、人工授精により妊娠することができたと報告。出産予定は6月上旬という。

 人工授精による妊娠については「『そのことまで言わない方がいいのではないか?』という人も周りにいましたが、妻が妊活休業と世間に公表し、妊活を行っている以上、隠すことではないと思い、発表しています」と説明している。

 鈴木は、これまで2度大島が流産していたことから「妊娠してるとわかった時、嬉しい気持ちも当然ありましたが、複雑な気持ちもありました」と当時の気持ちをつづっている。その理由として「二回とも自然妊娠で、しかも二回目の妊娠の時は双子の子でした。3人の子供の命が妻のお腹に宿ったという経験。この経験により、今回の妊娠を聞いた時に、嬉しい気持ちもある反面、正直、また妻に悲しい思いをさせたくない!という気持ちが大きかったのも事実でした。おそらく僕以上に妻の方が、その気持ちはあったはずです」と説明した。
 
 妊娠して6週くらいの時期から、大島は主演映画「福福荘の福ちゃん」のプロモーションで仕事をしており「内心、かなり心配でした」と言うが、昨年末には安定期に入り、今年に入ってからは胎動も感じ始めたという。ブログにはふっくらとしたお腹の写真も掲載。「今はお腹も大きくなり始めて、お腹の中の子が元気に動いてるのを日々感じるようです。胎動を感じ、お腹の子に話しかけている顔を見ると、本当に良かったなと思います。」と喜びをつづっている。

 さらに「みなさんに、この報告が出来て、良かったです。本当にありがとうございます。このブログを見てくれる方の中にも、妊活をしている方がとても多いです。そんな方々の言葉に励まされた僕たちです。」とし、「感謝」の言葉を重ねながら「今はとにかく。妻が元気に元気な赤ちゃんを産んでくれることを強く強く願って」と父親に、そして大島が母親となる日を待ち望んでいる。

 大島は昨年5月6日のテレビ収録を最後に妊活休業入り。8月に「24時間テレビ」へのテレビ出演と休業前から明言していた主演映画「福福荘の福ちゃん」でのプロモーショ時には仕事をしたものの、それ以外は無期限で芸人活動を休業している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月15日のニュース