彦摩呂3カ月で20キロ減量!「グルメどころじゃない」視聴者の声で決意

[ 2015年2月10日 11:24 ]

グルメリポーターとして活躍する彦摩呂=2011年8月撮影

 タレントの彦摩呂(48)が10日、日本テレビ「PON!」(月から金曜前10・25)に生放送にゲスト出演し、3カ月で約20キロのダイエットに成功したことを明かした。

 アイドルグループ「幕末塾」でデビューした当時は58キロのスリムな体形だった彦摩呂だが、その後タレントに転身しグルメリポーターとして活躍。昨年10月にはついに体重120キロにまで増えた。

 彦摩呂は「死ぬで、と言われていた」と明かし、番組MCのビビる大木(40)も「本当に心配していたんですよ」と内心気がかりであったことを告白。ダイエットを決意した理由は「彦摩呂さんの体が心配でグルメどころじゃありません」という視聴者の声やファンのブログへのコメントだったとし、「食べ物をおいしく伝えるのが使命なのに、プロとして失格」と一大決心したという。

 彦摩呂が取り組んだのは「低糖質ダイエット」。糖質全て制限するのではなく「糖質を半分に、野菜を倍に」という無理のないメニューで、「PON!」にも出演する料理研究家の浜内千波さん、管理栄養士の本田祥子さんのサポートも得て見事ダイエットに成功した。現在の体重は「2ケタ」だという彦摩呂。今後の目標としては「あと10キロ」減らすことを挙げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月10日のニュース