元ラップ歌手をテロ犯指定「イスラム国に勧誘」

[ 2015年2月10日 17:58 ]

 米国務省は9日、過激派組織「イスラム国」に加わり、犯罪歴のあるドイツ人らを狙って外国人戦闘員を勧誘しているとして、ドイツ国籍の元ラップ歌手、デニス・カスパート容疑者(39)を米大統領令に基づく「国際テロリスト」に指定したと発表した。米国内の資産凍結などの制裁措置を取る。

 同容疑者はインターネット上の同組織の宣伝ビデオに数多く登場。昨年11月の映像では、同組織に反抗したため殺害したとする男性の首を持っていた。ドイツ当局は同国内でのテロ行為に関与したとして同容疑者を指名手配している。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年2月10日のニュース