中村蒼 ゆうばり国際映画祭でニューウェーブ賞受賞

[ 2015年2月10日 05:30 ]

ゆうばり国際ファンタスティック映画際で第2回「ニューウェーブアワード賞」俳優部門を受賞した中村蒼 (C)鈴木一成/Cinema☆Cinema

 俳優の中村蒼(23)が北海道夕張市で19日に開幕する「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の第2回「ニューウェーブアワード賞」男優部門を受賞した。同賞は映画界で活躍する人に対し、さらなる「新しい波を起こしてほしい」と贈られる賞。

 中村は昨年公開の「東京難民」で主演したほか、今年公開予定の「春子超常現象研究所」では「心と体を持ったテレビ」という難役を、テレビのかぶり物をして熱演。シリアスからコミカルな役柄まで演じられる、豊かな表現力が評価されての受賞となった。

 中村は最近撮影した作品の役作りの金髪姿で、「自信につながるので、とてもうれしい。この賞の名前通り、ニューウエーブを起こせるように頑張りたい」と喜んだ。19日に表彰式が行われる。なお女優部門は松岡茉優(19)、クリエイター部門はアートディレクターの増田セバスチャン氏(44)に決定。第1回の昨年は男優部門が東出昌大(27)、女優部門が武田梨奈(23)、クリエイター部門が宮藤官九郎(44)だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年2月10日のニュース