登坂広臣&小松菜奈 スポニチグランプリ新人にフレッシュな笑顔

[ 2015年2月10日 20:08 ]

 第69回毎日映画コンクール(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の表彰式が10日、ミューザ川崎シンフォニーホールで行われ、次代の日本映画界を担うスポニチグランプリ新人賞は、「ホットロード」の登坂広臣(27)と「渇き。」の小松菜奈(18)が受賞した。

 「三代目J Soul Brothers」のボーカルで、映画初出演だった登坂は「お芝居をすることは考えてもいなかったけれど、素敵な作品にチャレンジして評価されたことがうれしい。ファンも喜んでくれていると思う」と笑顔。メンバーも「同じように喜んでくれた」そうで、「まだまだ表現者としては未熟なので、もっともっと自分を磨いていきたい。まずは歌をしっかりやって、また(映画と)巡り合う機会があれば考えます」と気持ちを引き締めていた。

 小松も「デビュー作で、こんなに大きな役と素敵な共演者の中で演技をさせていただき幸せでした。本当にうれしい」と満面の笑み。同作のオーディション時には、あまり女優に興味はなかったそうだが、「撮影をしているうちに、自分ではない何かを演じるのが楽しくなってきた。これからもイメージを覆していきたい」とどん欲な姿勢を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年2月10日のニュース