高木豊氏、おじいちゃんに!長男・俊幸のモデル妻・金子織江が男児出産

[ 2015年2月7日 13:23 ]

第1子となる長男が誕生した浦和・高木俊幸

 モデルでタレントの金子織江(23)が6日、第1子となる長男を出産したことが分かった。金子の夫、FW高木俊幸(23)が所属するサッカーJ1の浦和が7日、発表した。高木俊幸は1980年代にプロ野球の大洋(現DeNA)で“スーパーカートリオ”の1人として活躍した高木豊氏(56=解説者)の長男で、生まれた男児は豊氏にとっては待望の初孫となる。

 かつて奏木純、葉山織江の名前でも活動していた金子は、14年1月13日に高校時代の同級生だった俊幸と結婚。昨年12月18日には、夫の実弟でともにJリーガーのMF高木善朗(22=J1清水)、FW高木大輔(19=J2東京V)ら身内を集めてハワイで挙式した。これまで夫婦ともに妊娠を公表しておらず、金子が自身のブログに掲載していた挙式の写真でも、お腹は目立っていなかった。

 夫の俊幸は東京Vユースから2010年トップチームへ昇格し、翌11年にJ2東京VからJ1清水へ移籍。リーグ戦の通算成績はJ1が120試合20得点、J2が30試合6得点。昨季は清水でJ1リーグ戦31試合に出場して3得点で、シーズン終了後にJ1浦和へと移籍した。13年8月には鹿島戦で自身初のハットトリック(1試合3得点)を達成するなど若手のホープ。浦和を通じ、「元気な男の子を産んでくれた妻に感謝しています。新しい家族が増え、これまで以上に責任感をもってプレーし、勝利に貢献できるようにがんばります」とパパになった喜びのコメントを発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年2月7日のニュース