再発防止へ テレ朝、アイドル救急搬送で「検証委員会」設置

[ 2015年2月7日 05:30 ]

番組収録中に12歳の出演者が救急搬送された件で謝罪する(右から)テレビ朝日・武田徹常務、角南源五常務、青木吾朗広報局長

 女性アイドルグループ「3B junior」のメンバー(12)が番組収録中に意識を失って入院した件を受けて、番組を制作したテレビ朝日は6日、「救急搬送事案検証委員会」を設置した。

 出演者が救急搬送された事案について、社内に事実関係の調査や原因の究明などを行う。10人の委員で構成され、この日の初会合で今後の方針を確認した。同局広報部は「今回の事態を招いた制作上の原因を徹底的に究明した上で再発防止策を策定し、より安全管理に努めてまいります」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年2月7日のニュース