黒川芽以“気持ち通じて”出演実現 舞台「真田十勇士」15年新春再演

[ 2014年12月26日 05:46 ]

舞台「真田十勇士」でハナ、花風役を演じる黒川芽以

 昨夏の初演から1年4カ月で早くも再演される舞台「真田十勇士」(来年1月8日初日、赤坂ACTシアター、主催・TBS、スポーツニッポン新聞社ほか)にハナ、花風を演じる黒川芽以(27)が作品へ懸ける思いを語った。

 ほとんどの出演者が初演時と変わらないなかで、主要キャストではただ一人新メンバーとして入ったのが黒川。これまで多彩な役柄を演じてきたが、立ち回りを伴う時代劇の舞台は初経験だ。とはいえ、真田十勇士のストーリーは幸村の小説を読んだこともあり、「切なく熱い話。心の奥で演じられたら、と思っていた」と今回の出演は“気持ちが通じた”形となった。

 今月初旬から稽古入り、再演で動きが既にスムーズな他の出演者に追い付くのは骨の折れる作業となった。「進行が凄く速い。自分で考えて、アンテナを張っていかないと取り残される感じ」と懸命だ。周囲は、主演の上川隆也(49)はじめ、初演となる黒川にアドバイスを送り「気遣ってもらっています」と、コミュニケーションをとりながら順調に進んでいる。

 役柄はオリジナルキャラクター、飯処で働く若い娘役ハナと忍びの花風という裏表を持った役。「やりくりをするのは難しい。ハードルの高い役を受けた」と難しさを認識しつつも、やりがい十分で「真田“11番目の勇士”として頑張りたい。熱い心を持ってつくっていく」と、勇士に負けない意気込みを表した。

 2015年、大坂夏の陣400年の新春を飾る舞台、黒川は「時代劇が好きな方も、そうでない方も枠を超えて楽しめる面白さです。年明けから熱い魂を感じてもらいたい」と力強いメッセージを寄せた。

 ◆黒川芽以(くろかわ・めい)1987年5月13日生まれ。93年にCMでデビュー。NHKドラマ「ハート」(00年)で主演を務めて以後テレビドラマ、映画、舞台などに幅広く出演。04年には若手女優の登竜門とされる「ケータイ刑事 銭形泪」(BS-i)に主演し、同ドラマの主題歌で歌手デビューも果たした。近年は映画「横道世之介」(13年)「福福荘の福ちゃん」「ドライブイン蒲生」「ぼくたちの家族」(いずれも14年)、ドラマ「サキ」(13年、フジテレビ)、「警視庁捜査一課9係 season8」(13年、テレビ朝日)、「喰う寝るふたり 住むふたり」(14年、NHK BS)、舞台「おどくみ」(11年)、「不道徳教室」(13年)など多数出演している。

 ▽舞台「真田十勇士」 2015年1月8~25日、赤坂ACTシアターで東京公演。脚本に「劇団☆新感線」座付き作家の中島かずき氏、演出に幅広いジャンルで活躍する宮田慶子氏を迎え、主演の真田幸村を上川隆也、敵対する徳川家康を里見浩太朗が演じる。柳下大、黒川芽以、そして賀来千香子らベテランから若手の豪華メンバー出演の大型時代劇。主題歌は中島みゆきが担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年12月26日のニュース