間慎太郎 医療関連施設で初コンサート、父寛平のがん闘病経験吐露

[ 2014年12月26日 07:50 ]

クリスマスコンサートで「きよしこの夜」を熱唱する間慎太郎

 タレントの間寛平(65)の長男でシンガー・ソングライターの間慎太郎(33)が25日、大阪府吹田市のドナルド・マクドナルド・ハウスと国立循環器病研究センターであったエフエム大阪主催のクリスマスコンサートに参加した。

 医療関連施設でのコンサートは初めて。同所は、病気で入院する子供に付き添う家族の支援宿泊施設。立場は逆だが、寛平がアースマラソンで世界一周に挑戦中だった09年に前立腺がんを患った際、自身も心から心配した経験を吐露。「歌っていてもいつもとは全然違った」と緊張気味の表情を浮かべながら、「きよしこの夜」を心を込めて熱唱した。最近の寛平については「病気していたのがウソみたいに元気」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年12月26日のニュース