鷹党・森口博子「感動!」虎党・渡辺謙「終戦。夢は終わり」

[ 2014年10月30日 22:33 ]

ソフトバンクの日本一を祝福した森口博子

 日本シリーズ第5戦(7試合制)は30日、ヤフオクドームで行われ、王手をかけていたソフトバンクが阪神を1―0で振り切り4連勝。対戦成績を4勝1敗とし3年ぶり6度目の日本一を決めた。

 福岡出身でソフトバンクファンの森口博子(46)はツイッターで「ホークス日本一! おめでとうございます! 守りに守り抜いてハラハラ。 両チーム粘りに粘った試合だけに 本当に嬉しいです! ホームで、秋山監督の有終の美を飾る事ができて、感動! 6年間、ありがとうございました!」と喜び、NMB48も梅田彩佳(25)も「ソフトバンクわあああうあいああ! おめでとうございます!!!日本1!きゃーーお祝いだ! ビバ地元、福岡!」とつづった。さらに、07年にソフトバンクの応援プロジェクトで球団の応援団長に就任したカンニング竹山(43)も「やった!やった!やった!涙。。。」と日本一をかみしめていた。

 さらに、開幕戦で始球式を務めた福岡出身の「REV.from DVL」のメンバーの橋本環奈(15)も自身のブログで「めーっちゃ!嬉しいです」「今までの試合を観てすごく感動して私もこれからもっともっと頑張ろうと思いました」と感動していた。

、一方、阪神ファンの渡辺謙(55)は「終戦。夢は終わり」とつづり、最後は守備妨害での幕切れに千秋(43)は「よくわかんなかった。 涙も出ない」とつぶやき、その後「福岡ソフトバンクホークス、日本一おめでとうございます 負けたーーーー」と悔しさのあふれる言葉をつづっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2014年10月30日のニュース