西川史子 矢口復帰にチクリ「見たい人がいるか。嫌な気持ちの主婦も多い」

[ 2014年10月30日 14:52 ]

「リラクゼーションの日」記念イベントで登壇した西川史子(左)と布川敏和

 元シブがき隊の布川敏和(49)と医師でタレントの西川史子(43)が30日、都内で行われた「リラクゼーションの日」記念イベントにゲスト出演。昨年5月の不倫騒動から1年5カ月ぶりに芸能界復帰したタレントの矢口真里(31)についてコメントした。

 元妻のつちやかおり(50)の“不倫”が発覚し、6月に離婚した布川は「起こっちゃったことは仕方ない。いろいろな事情はあると思うけど、テレビにもどんどん出て、バラエティーでも明るく弾けてお茶の間を楽しくさせればいい。謝っているんだし、皆わかっているから気にすることはない」と矢口を擁護。これに対し、西川は「それを見たい人がいるか。矢口さんの明るい弾けた姿を見て、嫌な気持ちになる主婦も多い。だから、どのように生き様を見せていくか」と静観の構えだった。

 不倫相手の男性と夫が寝室で鉢合わせしたと報じられている矢口。復帰会見でも、その真相は語っていない。このことに、西川は「そこを言わないで、何の会見だったのかなとは思う。本当に寝室で鉢合わせしたのかを聞きたい」とピシャリ。自身の経験も踏まえながら、布川も「嘘ついたらバレちゃうし、全部言うしかない。離婚会見でも別居会見でも全部言った。言っちゃったほうが楽になるんですよ。言わないとそれがズルズルと。テレビは隠せないから」としみじみアドバイスを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2014年10月30日のニュース