氣志團・綾小路翔 12年ぶりドラマ出演「全身全霊 出し切った」

[ 2014年5月12日 16:00 ]

12年ぶりにドラマ出演する氣志團の綾小路翔(中央)

 「氣志團」の綾小路翔がフジテレビの連続ドラマ「極悪がんぼ」(月曜後9・00)第6話(19日放送)にゲスト出演する。

 神崎薫(尾野真千子)を中心に裏社会に潜む最悪のトラブルに挑む“極悪”エンターテインメント。綾小路は、薫に付きまとう茸本和磨(三浦翔平)の先輩・諸子氏武を演じる。昔は暴走族、今は“ホストクラブ騎士団(ナイト)代表取締役社長”として大金を稼ぐ男。今回は久しぶりに後輩の茸本をスナック「まやかし」に訪ねる。おなじみの金髪のリーゼントにサングラス、派手なスーツに身を包み、女の子数人を連れて登場。ソファに女の子をはべらし、ご満悦の様子。「氣志團」が担当するドラマの主題歌「喧嘩上等」をカラオケで熱唱する。

 昨年、舞台を経験し「そこで学んだことは“やるなら思いっきり”ということ。カッコつけたって駄目だと思ったので、全身全霊で、綾小路翔のすべてを出し切りました。自分の中にあるものを全部注入したので、ご覧になる方にとっては味が濃すぎるかもしれないし、薄すぎるかもしれない。でも、自分はむしろこれしかできないので、悔いはありません」と語った。

 ドラマ出演は2002年「木更津キャッツアイ」以来12年ぶり。この間、オファーは断り続けた。「というのも、ファンの皆さんの間では“綾小路さんのスティック読み”と心配されるくらい、セリフが棒読みでひどかったんですよ。でも今回は“ここで出演しなきゃ男がすたる”と思ったんです。実はここ最近、なるべく恥をかかないように生きようとしていたんですが、もう少し人生を楽しみたいという思いから“かけるなら恥もかこう。その先に得られるものがあればいいな”という気持ちになってきたんです」と心境に変化。

 「しかも、こんな素晴らしい俳優の方々のお芝居を真近で見られる機会はめったにないですから。お芝居をしながら、たくさんのことを吸収させていただいたので、いつか恩返しできればと思います」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年5月12日のニュース