「さまよう小指」に栄冠 ゆうばり国際映画祭

[ 2014年3月2日 19:05 ]

オフシアター・コンペティション部門のグランプリを受賞し、笑顔の竹葉リサ監督(中央)

 北海道夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で2日、授賞式があり、若手監督の発掘を目的とした「オフシアター・コンペティション部門」のグランプリに竹葉リサ監督(31)の「さまよう小指」が選ばれた。

 映画祭の実行委員会によると、ストーカーの女性が思いを寄せる男性の小指からつくったクローン人間をめぐるファンタスティックコメディー。審査員からは「冒頭から一気に引きずり込まれた。次回作を見てみたい」などの声が上がった。

 トロフィーや賞状などを受け取った竹葉監督は「(グランプリは)取れないと思っていた。うれしい。震える」と話し、壇上で跳びはねて喜んだ。

 実行委によると、同部門には国内外の352作品から11作品がノミネートされた。

 映画祭は3日、「さまよう小指」を含む2部門のグランプリ作品2作品を上映して閉幕する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月2日のニュース