橋下市長 涙で“恩人”たかじんさんしのぶ「大阪への気持ち強い人 残念」

[ 2014年1月8日 11:08 ]

死去したしたやしきたかじんさん

 橋下徹大阪市長は8日、3日に亡くなったやしきたかじんさんの訃報に「大阪をよくしたいという気持ちが強い人だった」と涙を見せながら語った。

 “茶髪弁護士”としてたかじんさんの番組に出演したことで、全国区のタレントになり、08年1月の府知事選に出馬、政界入りを決断する際に背中を押したのもたかじんさんだった。

 橋下市長は言葉を詰まらせながら「たかじんさんから“やれるんだったらやったほうがいい”と言われ、(府知事選に)立候補した。回復に向かっているとも聞いていたので、安心していたのだが…。とても残念」と無念の表情。「優しい方。強かったですしね」と言うと、こらえきれずに涙を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年1月8日のニュース