たかじんさん 橋下氏の政界進出も後押し 型破り司会

[ 2014年1月8日 06:03 ]

死去したしたやしきたかじんさん

やしきたかじんさん死去

 色付きの眼鏡からのぞく鋭い眼光。声を荒らげて政治家や著名人にかみつくことも。“浪速の視聴率男”の異名をとったたかじんさんは、人当たりの良い従来の司会者像とは対極の存在だったが、視聴者の怒りや不安を代弁する型破りなスタイルで人気を集めた。

 現在の冠番組はいずれも関西ローカルの「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ)、「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)、「たかじんNOマネー」(テレビ大阪)の3本。「~胸いっぱい」では、芸能ニュースなどが書かれた特大ボードを専用の「指し棒」でバンバン叩きながらしゃべるパフォーマンスを披露。「パネル芸」などと呼ばれた。

 島田紳助さん(57)や明石家さんま(58)、笑福亭鶴瓶(62)、星野仙一氏(66)や藤山直美(55)ら、交友関係も広かった。弁護士時代に「~委員会」のパネリストを務めていた日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長(44)とも親交が深く、“茶髪弁護士”として自らの番組で全国区のタレントに育て上げ、政界初進出となる大阪府知事選(08年)への出馬を後押しした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年1月8日のニュース