福田こうへい 紅白初出場!岩手在住の民謡歌手

[ 2013年11月22日 05:30 ]

NHK紅白歌合戦出場することが内定した福田こうへい

 大みそかの第64回NHK紅白歌合戦(午後7・15~11・45)に、演歌「南部蝉しぐれ」がヒット中の岩手在住の民謡歌手福田こうへい(37)が初出場することが内定した。民謡歌手では03年に「TAKiOのソーラン節」を歌った伊藤多喜雄(63)以来10年ぶりの出場となる。

 今年のテーマは「歌がここにある」。1年を振り返ると、NHK「あまちゃん」のブームやプロ野球楽天の初の日本一に代表されるように、東日本大震災で被災した東北を元気づける話題が相次いだ。福田は今年1月8日のNHK歌謡コンサート初出演で反響を呼んでから、同局歌番組への出演が急増。民謡仕込みの突き抜けるような声で歌った「南部蝉しぐれ」のCD売り上げは、演歌でヒットの目安となる10万枚を超え13万枚を突破した。NHK関係者は「今年はまさに“ここ”が東北。岩手で生まれ育った福田さんはテーマにふさわしい歌手」。南部なまりの朴とつな語り口も東北の代表としてうってつけだ。

 福田自身もこの1年、紅白出場を目標に掲げてきた。「あまちゃん」ロケ地となった久慈市で9月に復興支援ライブを開催した際、「あまちゃんが終わっても(福田の愛称)こうちゃんがいる。いい年末を迎えられたら」と意欲を見せていた。

 ◆福田 こうへい(ふくだ・こうへい)本名・福田廣平。1976年(昭51)9月21日、岩手県生まれの37歳。昨年の「全国民謡フェスティバル」でグランプリになるなど民謡の全国大会で約20タイトル制覇。21日に発表された第55回日本レコード大賞の新人賞にも選ばれた。趣味は釣りとゴルフ。盛岡市在住。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月22日のニュース